【学生必見!!】勉強にゼッタイ必須のおすすめアウトプット方法3選

スポンサーリンク
勉強 
学生
学生

どうして勉強する上でアウトプットが大切なんですか?

学生にオススメのアウトプット方法を教えてください!

今回はこんな疑問に答えていきます。

takeo
takeo

こんにちは、TAKEOです。

現在、大学2年生で医療系の大学に通いながらブログ運営をしています。

19年間生きてきて年齢=彼女歴なしの僕は、常に勉強に追われる日々を過ごしてきました。

高校受験、大学受験ともに猛勉強して一般受験で進学してきました。

大学受験では推薦受験でラクして受かりたくて、高校の定期テストは毎回ガチ勉強してクラスで1位~2位を連発していました。しかし推薦受験を受けるも見事に不合格し、その後は猛勉強をするハメになりました。

「大学に入ったら、遊びまくってやる!」「こんなに勉強しなきゃいけないのは高校までだ!!」と誓うも、自分の夢を見つけてしまい、勉強が超忙しく学ぶ内容も難しい医療系の大学に入学してしまいました。恐らく、職業柄で大学卒業後も日々勉強の毎日になると予想しております。後悔はしておりません。(笑)「俺は一生勉強の人生だ」と自覚しています。

と、こんなわけで僕の人生は常に勉強に追われて生きてきました。いつも大変な思いをして勉強してきて辛い経験を何度もしましたが、結局自分は勉強が好きなんだなと大学に入って気づきました。

今振り返ると、テストで良い点を取るために一生懸命勉強していた頃は楽しかったし、自分なりにノートにまとめるのもめちゃくちゃ楽しかったです(笑)

そして前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題の「アウトプット方法」についてです。

冒頭でもお話した通り、勉強に追われた人生を過ごしてきた僕が常に大切にしてきたことがアウトプットです。

今回はそんなアウトプットについて実際に僕が実践してきた3つの最強アウトプット方法を伝授いたします。

うさぎ
うさぎ

早く3つの方法教えてよ!!

takeo
takeo

分かったよ(笑)

最初に3つご紹介して、その後になぜ勉強する上でアウトプット方法が大切なのか簡単に説明するね!!

 

✔最強のアウトプット方法3選

  • 友達に説明する
  • 白紙法
  • SNSの活用

それぞれの詳しい説明や具体的な実践方法はこのあとご紹介します。

スポンサーリンク

教科書読みまくってテスト受けたら全く答えられなかった話

ではここからは、なぜ勉強する上でアウトプットが大切なのかについて簡単にご説明していきます。

早く3つの方法の具体的な内容を知りたいよ!!という方は読み進めてもらって構いません。

 

僕がまだアウトプットを勉強で取り入れていなかったときの話です。

当時の僕は、とにかく授業で先生が言っていたことを覚えたり、教科書を読み込んでテストに臨んでいました。でも毎回テスト中になると覚えたことが忘れてしまって答えが分からない状態でした。

そこで僕は、なぜテスト前に一生懸命おぼえてもテストになると思い出せないんだろうと考えました。

答えは単純でした。覚えたことを思い出そうとする勉強をしていなかったのです。

テストっていくら頭の中でぼんやりとでも問題の答えが浮かんでいても、解答用紙に答えを書かないとマルはもらえませんよね。結局、この頭の中にある一生懸命おぼえたことを思い出して書きだす力を身に付けないとテストや受験で良い点は取れません。

そしてこの思い出して書きだす力こそがアウトプットで養われるのです。

ちなみに、英単語の小テストなどで、「英単語帳をめっちゃ読み込んだのにテストになると思い出せなくて書けなかった」という経験はありませんか?

それは英単語を書いて覚える練習をしなかったからです。テストで点をもらえるのは解答用紙に書いて答えることただ一つなのです。

アウトプットをする上で重要なことは、自分の頭の中にあることをちゃんと外に取り出せるかです。その上で思い出す行為書き出す行為が有効なのです。

1、友達に説明する

まず初めにご紹介するのが、友達に説明するというアウトプット方法です。

恐らく今回ご紹介する3つの中で最もイメージしやすく聞いたことがある方法だと思います。

よくこういった話を聞きませんか?

「友達に説明すると自分の理解力も深まる」

本当にその通りで、誰かに説明したり教えるには相当自分で理解していないとうまく教えることはできませんよね。

分かっていない人にどうやって分かってもらうかを考える過程や行動は自分が初めて理解した時の頭の中を言語化する行為なのです。

自分が理解した過程を友達に教えることで言語化できれば、自分自身の理解力もより深まると思いませんか?

この脳の中にインプットしたものを思い出してもう一度脳の外に取り出す行為こそがアウトプットです。

 

また、これは個人的な考えなのですが、一生懸命に勉強して覚えたことを友達が分かってなくて困っていたら教えてあげたくなりませんか??僕はいつも自慢げに教えています。

皆さんも友達に説明することでアウトプットをし、自分が一番頭良くなってしまいましょう!

 

2、白紙法

次にご紹介するのが、白紙法です。

知っているひとは知ってるといった感じでしょうか。

白紙法とは、A4用紙の真っ白な紙にメモ書きをしていく方法です。

できるだけ小さく書いてたくさんのメモをできるようにします。

ではどんなことをメモするのか。

僕が書いていたのは、主に以下の事項です。

  • 問題を解いて解けなかったものの解説や一言
  • 絶対に忘れない!これは大切だ!と感じたもの
  • 今日1日で勉強してメモしておきたいこと

これをすると脳の中にある勉強したことがA4の白い紙の上に書きだすことで頭の中が整理されます。何が重要なのか、どこを覚えなきゃいけないのか、紙に書きだすことで理解が深まります。

教科書や授業中に先生が言っていたことを読んだり聞いたりしても、完全には理解していないことがほとんどだと思います。頭の中でぼんやりと覚えていることを紙に書きだすことで、頭が整理されるというわけです。

つまりA4の白い紙を第2の脳として活用するわけです。

誰だって覚えたことや記憶を保管しておく脳が2つもあったら嬉しいですよね。そのイメージです。

最後に、僕が白紙法を行う上で決めていたマイルールをご紹介します。

  • 科目ごとに紙を分けて書く。
  • 紙の枚数は一日一枚で収まるように書く。
  • 書き始める前にはその科目と今日の日付を書く。

僕がこの白紙法を始めたきっかけはYouTuberのザビエルさんがご紹介していたからです。

ぜひご覧ください!!

 

3、インスタグラムの活用

僕のインスタグラムを見てくれている人なら説明は不要ですよね(笑)

takeo
takeo

まだ見ていない人はぜひチェックしてみてください!

インスタのアプリ内で#筋肉チャレンジと検索してもらえばすぐに僕のアカウントが見つかると思います!!

話が逸れてしまいましたが、最後にご紹介するアウトプット方法はSNSの活用です。

恐らく学生の方なら携帯が大好き人間の方ばかりだと思います。

そしてインスタを頻繁にチェックしちゃうと思います。

これを利用したアウトプット方法がSNSの活用です。

僕のインスタアカウントを見てもらえば一番速いと思いますが、今日1日の学びや覚えなきゃいけないこと、自分の中で整理したいものをSNSで発信しています。

ノートにまとめることのデジタル版みたいなイメージです。

この方法の良い所は以下の点です。

  • ペンやノートを持たないので、携帯大好き人間でも続けられる
  • いいねやフォローをもらえると嬉しい
  • 一緒に頑張るフォロワーさんが見つかる→モチベーションUP!

インスタグラムには学生さんの勉強用アカウントがたくさんあります。

自分が発信する立場になるとそういったアカウントの方からどんどんいいねやフォローがくるので、1人孤独に勉強している感覚が消えます。

楽しくアウトプットができるというのが最大の特徴だと思います。

最初は見てくれる人のことは特に気にせず、自分のメモ用としてインスタグラムを活用しましょう。

最初から「いろんな人に見られるよな~」と思って綺麗に作ろうとすると時間がかかってしまいます。最初は気にせずどんどん投稿して自分のアウトプットを高めていきましょう!!

僕が使っている画像編集アプリをご紹介しておきますね!!

 

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted withアプリーチ

 

まとめ:【学生必見!!】勉強にゼッタイ必須のおすすめアウトプット方法3選

いかがだったでしょうか?実践してみたい!!と思えるアウトプット方法は見つかりましたか?

冒頭にも言った通り、勉強する上でアウトプットは絶対に欠かせないものです。インプットとアウトプットはセットであるということを肝に銘じておきましょう!!

今回ご紹介した3つの方法は僕が実際に実践してきたものですので自信を持って勧めます!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは!!

タイトルとURLをコピーしました