オンライン授業に不満を感じている学生たちへ。SufaceProを使えば勝ちゲーです。

スポンサーリンク
勉強 

高校生や大学生の方、こんにちは。

新型コロナウイルスの影響で多くの教育機関ではインターネットを介したオンライン授業が実施されています。

僕が通う大学でも、4月下旬からオンライン授業がZOOMによって行われています。

オンライン授業を実際に1週間ほど経験してみて感じたことがあります。おそらく僕以外にも多くの高校生・大学生が下記のように感じているのではないでしょうか。

  • 学校から送られてくる資料が多すぎる
  • 毎回の授業で資料やプリントを印刷するのがめんどくさい
  • コピー機のインクが勿体ない
  • そもそもコピー機が無くて授業にちゃんと参加できていない
  • 印刷したプリントが多すぎてプリント整理がごちゃごちゃの状態

要は紙として印刷するプリントの量が多すぎるよねってことです。

オンライン授業になったことでこのような悩みを抱えている学生が多くいます。

今回、そんな悩みや不満を抱えている学生たちにおすすめしたいのが、「SurfaceProを使ってOneNoteでオンライン授業に取り組め」ということです。

上記のようにしてオンライン授業に取り組むことで、快適に授業を受けられるようになり、先ほどのような学生たちが抱えている面倒な手間や不満がなくなります。

✔本記事はこんな人向け

  • 学校でオンライン授業を実施している学生
  • オンライン授業に不満を感じている人
  • オンライン授業を快適に取り組みたい人
  • ノートや資料を一括に管理したい人

 

スポンサーリンク

オンライン授業を快適に取り組みたいならSurfaceProを使え

 

今回、オンライン授業を快適に取り組むために紹介したいのがSurfaceProというPCです。

SurfaceProを知らないという方のために簡単に商品説明をしておきます。すでに知っているという方は下記の「♠」から読み進めてください。

SurfaceProとはMicrosoft社から販売されているノートパソコンで、他のPCと大きく違う点が2つほどあります。

  • ディスプレイ画面とキーボード部分が取り外し可能
  • ディスプレイ画面にタッチ機能がついている

 

SurfaceProは画面とキーボードを切り離して使うことができディスプレイ画面はiPadのように指でのタッチ操作もできます。

♠なぜ、数あるPCの中でもSurfaceProがオンライン授業に最適か?という理由も上記の2つの機能がSurfaceProにはあるからです。

そしてSurfaceProを使ってどのようにオンライン授業に取り組むか。

ここで登場するのがOneNoteです。


もう資料を印刷する必要なんてない。OneNoteで一括管理できる

 

ここで、OneNoteを知らない人のために簡単に説明しておきます。

OneNoteとはMicrosoft社が提供しているOffice系のサービスソフトで、「Word」、「Excel」、「PowerPoint」などと同じく多くのパソコンユーザーに使われているPCソフトです。

名前の通り、一つのノート。

言い換えればOneNoteのソフト1つで全ての授業ノートが完結してしまいます。

要はパソコン1台が全ての資料、ノートの役割を果たしてくれるのです。パソコンがいつもの授業資料あるいは学生が一生懸命にまとめているノートに置き換わるということです。

このOneNoteを使うことでオンライン授業に取り組む多くの学生たちに以下のようなメリットがあります。

  • わざわざ授業毎に学校から配布される資料を印刷する必要がない
  • 科目によって異なる授業資料や授業ノートが混合する心配がない

特に一つ目のメリットが大きいですね。

僕もオンライン授業になって数週間は学校から配布されるPDFの授業資料を毎回印刷する必要がありました。印刷しないと授業で先生が言っていた重要な箇所もメモすることができずに非常に不便でした。

ですがOneNoteを使うことでその面倒は消えます。

また、このOneNoteはスマホとの連携も可能となります。スマホにも「OneNote」をダウンロードし、PCと同じアカウントでログインすれば、PCで作ったノートをそのまま携帯でも見れるのです。

ちょっとした移動時間にメモしたり、手軽に復習したいときにはPCじゃ大きすぎるのでスマホが便利ですよね。

SurfacePro×OneNoteが最強の理由

 

正直、OneNoteは他のPCでも使うことはできます。

しかし、なぜSurfaceProでOneNoteを使うべきなのでしょうか。

それが先ほども紹介したSurfaceProについているこの機能です。

  • ディスプレイ画面とキーボード部分が取り外し可能
  • ディスプレイ画面にタッチ機能がついている

この機能がSurfaceProについていることでディスプレイ画面をまるで紙のノートのように使うことができ、タッチペンを用いることで普段の授業ノートとなんら変わりない授業体系が可能となります。

ちなみにOneNoteで授業ノートをまとめたり、資料に書き込む場合にはタッチペンは必須となります。

Surface専用のタッチペンが売られていますが、ペンだけで1万円以上するのでこちらを購入するのは勿体ないです。

そこで僕が代わりに使っているタッチペンをご紹介しておきます。Surface専用のタッチペンでなくてもなんら変わりなく書けるのでコスパ最強です。

 

まとめ:もう紙媒体には戻れない。これがデジタルの真骨

 

今回は、オンライン授業を取り組む学生向けに「こんな授業の受け方があるよ」という紹介記事でした。「具体的なSurfaceProの使い方、OneNoteの使い方を知りたいよ」という方は下記のYouTube動画をご参照ください。

学生目線で非常に分かりやすく説明されています。

 

僕も、オンライン授業になったことで毎回大量の授業資料を印刷しなきゃいけないのかと不満でした。ですがSurfaceProとOneNoteを用いることでその不満や不便さは一気に解消されました。

これに慣れてしまうと、元の授業のやり方に戻れなくなりそうです(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 



タイトルとURLをコピーしました