【新大学生必見!】大学に入ったらやるべきことベスト6

スポンサーリンク
大学生
新大学生
新大学生

春から大学生になります!!

大学生になる前の僕に、大学生になってからやっておくべきことや準備しておくべきものを教えてください!

こんな疑問にお答えします。

 

今回は春から大学生になる新大学生に向けて「大学に入ったらやるべきこと」をランキング形式でご紹介していきます。

去年、僕も大学に入学したばかりで入学当初はいろいろ不安もありつつ、やりたいこともたくさんあってフワフワ状態でした。

そんな経験をした僕が、1年間を通して学んだ「大学に入ってからやるべきこと」をぜひ皆さんにも共有したいと考え、この記事を書くことにしました。

大学生になるという実感を持つと新しい出会いや自分の学びたい勉強、遊び事など楽しいことばかりで周りのことに目を向けられなくなってしまいがちです。もちろんそれも良いことですが、高い授業料を払って通う以上、有意義な大学生活を送りたいですよね。

今回はそんな有意義で賢い大学生活を送るために大切なことをピックアップしました。

新大学生はもちろん、すでに大学生で春から新学期を迎える学生さんや将来的に大学に行こうと思っている高校生もぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

結論から先に書いておきますね!

第6位:大学生のうちに免許を取りに行く

第5位:クレジットカードの発行

第4位:お金の知識を学ぶ

第3位:部屋の整理をする

第2位:先輩と交流を持つ

第1位:教科書の購入比較

それでは順番に解説していきます。

 

スポンサーリンク

第6位:大学生のうちに免許を取りに行く

大学生になったら車の免許を取れるようになりますね!!

「やっと免許を取れる!!早く車に乗りたい」と思う方がいれば、「車?乗る暇ないからいいや」と思う方もいるでしょう。

僕はすでに車の免許を取りましたが、取る前は後者の考えでした。

takeo
takeo

家に車はないし、大学が忙しすぎて乗る暇なんかないよ

こう思いつつ、将来的に車は乗りたいし、今取っておかないと絶対に通う暇ないよなぁとずっと迷っていました。

しかし先輩方や親にさんざんこう言われました。

仕事始めたら絶対に免許取りに行く時間ないわよ!!

学年上がっていくともっと忙しくなるから、1,2年生のうちにとっておいた方が良いぞ!!

ということで僕も無事に車の免許を取得できました!結果論ではありますが大学生のうちに、1年生のうちに取っておいて良かったなと思います。

話がそれてしまいましたが、大学生のうちに免許を取りに行く計画をしっかり立てておきましょう!

どんな計画かというとこんな感じです。

 

  • 通いなのか、合宿なのか
  • 大学に通いながらか、長期休みに通うのか

 

大学の日程と相談しながらよく考えて計画しましょう!



第5位:クレジットカードの発行

「大学生にクレジットカード?」と疑問に思った方もいるかと思います。

でも大学生のうちからクレジットカードを作っておくことは非常におススメです。

理由は以下の通りです。

  大学生になるとお金を使う機会が増えるから

  • 交通費
  • 洋服代
  • 飲み会
  • 外食費

などなど僕の実体験からでも大学生になるとお金をバンバン使ってしまいます。

などでその場で現金が無くて払えないなんてことがないようにクレジットカードを持っておくことをおススメします。

takeo
takeo

ちなみに、僕は楽天カードを持っています。

キャンペーン中はカードを作っただけで8000円もらえるのでぜひその機会に作ってみてくださいね。詳しくは以下の記事で紹介していますよ↓↓

 

 

第4位:お金の知識を学ぶ

 

僕が大学に入って1番身に付いた知識はお金に関してです。

医療系大学に通い、お金とは全く程遠い授業ばかり受けているこの僕でも、本やインターネットなど独学で学んだ「お金」に関する知識が一番学んでよかったと思えることです。

takeo
takeo

こんなこと言ったら大学の先生に怒られそうですが(笑)

なぜお金に関する知識を学ぶ必要があるのか、それは社会に出たときに困らないようにするためです。

皆さんは、今まで小学校・中学校・高校と学校に通って授業を受けてきた中で、お金に関して深く学んだ経験があるでしょうか?

僕はなかったです。僕が実際にお金について学んだ本にも書かれていましたが、学校ではお金の授業をしてくれません。お金の稼ぎ方を教えてくれません。

それなのに社会は急速に変化し、経済はものすごいスピードで回り続けています。

社会に出る前の大学生こそ、お金の知識を身に付け、社会に出たときに対応できるに人間になっていくべきなのです。

大学生になると、将来のこと、勉強のこと、遊びのこと、人間関係のことなどたくさん考える時期だと思います。ぜひその中に「お金に関する知識」も入れてみてくださいね。

参考に僕がお金に関する知識を学んだ本を紹介しておきます。


第3位:部屋の整理をする

ここでいきなり初歩的なことが出てきまが、大切なことだと思ったのでランクインさせていただきました(笑)

takeo
takeo

現に僕はこれで大変苦労しています(笑)

なぜ大学生になって部屋の整理?と思われた方もいると思います。

うさぎ
うさぎ

部屋の整理なんて一生やるものなんだけどね(笑)

一番の大きな理由は大学生になると教材の量やプリント類がめっちゃ増えるからです!!

特に僕は医療系の大学に通っているので分厚い専門書や授業で大量に配られた資料がめっちゃあります。大学が忙しいのを理由にプリント整理を怠っていたので、どんどん山積みになる一方です(笑)

 

大学生の部屋片づけポイント

  • 中学、高校で使った教科書はなるべく捨てる
  • 買い取りサービスを利用する
  • ファイルを積極的に使う

僕はなかなか捨てる勇気がないので今まで使ってきた思い出の教科書を取っておくタイプなのですが、正直いって残しておいて得したことはないです(笑)

邪魔なだけなのでとっとと捨ててしまいましょう。

捨てるのがもったいないと思う方には、買い取りサービスを利用するのがおススメです。

僕も実際に利用したことあるのですが、家の中がスッキリする上にお金も受け取れちゃうので一石二鳥ですね。

大学生だと大学受験で使った参考書や赤本をまだ持っている方がいると思います。こういった分野は高く買い取ってくれることが多いので一度査定してもらいましょう!



第2位:先輩と交流を持つ

ココからは特に新大学生に大事なことでなのでぜひ最後まで読んでみて下さい。

takeo
takeo

正直、同じ大学の友達にも教えたくないほど有益です(笑)

2位は先輩と交流を持つです。

僕は大学の先輩と交流を持てたことで大学生活が有意義になったし、勉強面もすべての単位がしっかり取れたと思っているほどです。

なぜ先輩と交流を持つべきなのかというと以下の通りです。

  • 過去問をもらえる
  • おススメの履修科目を聞ける
  • どんなサークルがあってどんな活動をしているか聞ける
  • 教授の人ととなりを聞ける

このように先輩から聞ける情報はたくさんあります。

逆に先輩と交流を持っていなかった友達や新入生を歓迎する会に参加してなかった子たちは勉強面でも大学の生活面でもうまくいっていなかった印象があります。

別に仲良くする必要はないと思いますが、大学生活で困ったときに気軽に相談できるぐらいの関係を保てると良いですね!

第1位:教科書の購入比較

栄えある第1位は教科書の購入比較をすることです。

もうこれめちゃくちゃ大事です!

新大学生はもちろん、春から新しい学年に進級する大学生もこの季節になると学校側から多額の請求書が来ませんか?

そう!教科書の購入案内です。特に僕は医療系の分野なので高価な専門書ばかり買わされてその金額に驚かされました。

でも新品の教科書をわざわざ買う必要なんてないんです!

ブックオフなどで中古品が安く売られていますし、今の時代はネット通販やメルカリなどのフリマアプリでも安く購入できます。

言い方は悪いですが、中古品があるかも調べずに、ただただ学校で指示された新品の教科書を買うなんてバカです。

バイトをしながらなんとかやりくりしている大学生が多いと思います。なるべく出費を削るためにも賢いお金の使い方をしましょう。

中古の教科書を購入する際は以下の点に気を付けましょう!

  • どこの中古サービスで買うと一番安いかの購入比較
  • 学校が指定する教科書と同じものか確認する
  • そもそも中古品を個人で買って、大学側で新品の教科書を買わなくても良いシステムになっているか
takeo
takeo

ちなみに僕の大学は、すでに指定の教科書を持っていれば新品の教科書を学校で買った後にそれを返品できるシステムでしたよ!

 

まとめ:【新大学生必見!】大学に入ったらやるべきことベスト6

いかがだったでしょうか。新しい生活のスタートを迎えるにあたって参考になるものはあったでしょうか。

最後にもう一度ランキングを載せておきます。

第1位:教科書の購入比較

第2位:先輩と交流を持つ

第3位:部屋の整理をする

第4位:お金の知識を学ぶ

第5位:クレジットカードの発行をする

第6位:免許を取りに行く

何事もスタートが肝心です。楽しく後悔しない大学生活を送るために今回紹介したことをぜひ実践してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました