【経験者が語る】教習所と教官と仲良くする方法

スポンサーリンク
雑記ブログ
takeo
takeo

こんにちは。TAKEOです!

今回は教習所で教官と仲良くする方法をご紹介します。

皆さんは運転の技能教習が好きですか?「黙って教官の授業を聴いているより実際に車に乗っている方が楽しい!」という人もいれば、「1時間近く、教官と車の中で二人きりは嫌だ...」と思う方もいるかと思います。

特に後者の方は他にも以下のような不安を持つかと思います。

  • 失敗したら怒られそう
  • ゆっくり走ってたらイライラされそう
  • 無言の空間で息が詰まる

人それぞれいろいろな不安がありますね。

でもどうせなら楽しく教官とコミュニケーションを取れたらそれに越したことはないですよね。

実は僕も最近までずっと教習所に通っていて何回もいろんな教官に教わっていくうちに

どうすれば教官と良いコミュニケーションを取り、楽しく教習ができるか

を見つけ出すことができました!

実際にこの方法を実践してから技能教習が楽しくなり、そのおかげで運転の技能も上手くなりました。

もしあなたも技能教習に不安を持っていたり、教官とうまくコミュニケーションが取れない、教官と仲良くしたいと思っているならぜひこの記事を読んでみてください!

教習が楽しくなり、運転も上手になっていきますよ!

教習所の学科試験対策に関する記事も書いてあるので是非こちらも合わせて読んでみてください。

【完全解説】教習所の勉強って難しいの?どんな勉強をすべきか。



 

スポンサーリンク

教官とは仲良くしておいたほうが良い

教官とは仲良くしておいたほうが良いです。理由は以下の点です。

  • 試験【検定】のヒントを得れれる
  • 運転のコツをたくさん教えてもらえる
  • 次に担当してもらったときに覚えてもらえる
  • 試験【検定】の担当教官に当たるかもしれない
  • 自分が緊張せずに教習を行える

教官と仲良くなったり積極的に会話をすると「もっと教えてあげよう!」、「もっとうまくなってほしい」と思うはずです。

考えてみてください。教官も人間です。会話がはずんだら無意識に口数が増えていろいろなコツやヒントを聞き出せます。

また一度仲良くなっておけば、もし次にまたその教官に当たったときに最初から気が楽になると思いませんか??

4つ目に関しては実際に僕が体験したケースです。

仮免学科試験の技能検定が以前に教わった方でした。あちらが僕のことを覚えていたかは分かりませんが、少なくとも緊張していた僕はその方の顔を見て不安や緊張が一気にほぐれました。

そして最後の「自分が緊張せずに教習を行える」が1番のメリットだと思います。多くの方が教官と車の中で一対一という状況になったときに緊張してしまうはずです。特に仮免に受かって2段階に入ると実際に路上に出て隣りで教官が座っている中、運転をします。

もちろん、運転の気をそらすようなおしゃべりは危険ですが、無言の中で身体が固まりながら運転するよりかは少し会話をして馴染んだほうが返って運転に集中できます。

 

教官と仲良くする方法

仲良くすると聞くと友達のような関係を想像してしまいますがココでいう「仲良くする」は教官とうまくコミュニケーションを取ったり緊張せずに接することができる関係です。

 

その1:一所懸命な姿勢を見せる

これはめちゃくちゃ大事です。教える側としては自分の言ったことを覚えようとしたり、一生懸命うまくなろうとしている生徒がいたら「もっと上手くなってほしい」、「もっと教えてあげよう」という気持ちになります。

僕も高校時代に幼稚園児や小学校低学年の小さい子供たちにサッカーを教えていた経験があります。やっぱり一生懸命にやっている子や僕の教えたことをちゃんと聞いてチャレンジしている子にはこちらも一生懸命に教えたくなりますしもっと上手くなってほしいと思います。

そういう姿勢を見せるのが苦手だという方は教官が言ったことに言葉で返したり相槌を打って、「ちゃん聞いてるぞ」という姿勢を見せてあげましょう。ちゃんと返事をしてあげるだけでも相手に与える印象は変わります。

 

その2:自分が下手なことを認める

何事も最初はうまくいかないことばかりです。自分が下手なりに一生懸命やろうとしている姿を見せましょう。

教える側として1番イヤなのは、下手なのにうまく見せようと変なプライドを持っていたり、自分の運転に過信しすぎている生徒です。教える側としても気持ちよく教える気にならないです。

以前、高速道路の教習で一緒になった教習生さんがいました。明らかに自分の運転が上手いと過信しすぎていて教官のアドバイスも聞く気がないように感じました。教官も少しあきれていたし、僕も一緒に乗っていて事故を起こさないか不安でした。

下手なりに頑張っている人の方が教えがいがあるし、上達も速くなっていきますよ!

 

その3:あいさつはしっかりと!

当たり前のことですけどできていない人が多いですね。あいさつって本当に大事です。あいさつできれば教官も教習生もお互い気持ち良いですが、できないと相手に与える印象は一気に悪い方向へといってしまいます。

「たった一回しか関わることないから挨拶なんてしなくていいよ!」と思っている方いませんか?

実は技能教習って同じことを何度もやらずにどんどん新しいことを習っていきます。なので一回一回の教習時間がすごく大切なんです!

最初にお会いしたときの「よろしくお願いします」

車に乗ったときの「よろしくお願いします」

終わった後の「ありがとうございました」

上記の3つを僕は徹底していました。

あいさつは教習所内に限らず大切なことなので普段から意識して行いましょう!

 

その4:友達におススメの教官を聞いておく

裏技感がありますがこちらも有効な方法です。

やっぱり教官も僕たち教習生も人間です。どうしても「この人とは合わない」と思うことがあると思います。

そんなときは一緒に通っている友達や過去に同じ教習所に通っていた友達にどんな人がオススメか聞いてみると良いでしょう!お互いに情報交換をしてお気に入りの教官を見つけるのも手です。

それに全く初めての知らない教官に当たるより、ある程度どんな人なのかを友達から聞いておいたほうが安心感があります。

 

その5:積極的に質問をする

僕、これ大得意なんです(笑)

僕ももともとコミュニケーションはあまり上手じゃないほうなんですが質問をするってコミュニケーションが苦手な人にめっちゃ使える手段です。

質問をすることのメリットはこんな感じです。

  • 「積極的だな」と教官に良い印象を与えられる
  • 自分の聞きたいことを聞ける
  • 質問から会話が成立する

質問をすることによって自分の聞きたかったことを聞けてさらに相手に良い印象を与えられるって一石二鳥じゃないですか!

本当に質問することが見当たらないという方はあえて自分の分かっていることとかでも確認の意味で質問しちゃって良いと思います。

 

【経験者が語る】教習所と教官と仲良くする方法:まとめ

いかがだったでしょうか?教官とうまく接するためのヒントを得られたでしょうか?

最初にも書いた通り、教官とは仲良くしておいたほうが良いです。特に僕みたいにすぐ緊張してしまう人は教官と会話が弾んだほうがリラックスして運転できます。それが上達に繋がりますし何よりその後の事故防止にもなります。

「教官とうまくコミュニケーションを取れない」、「車の中、二人きりで無言の状態が耐えられない」という方はぜひ実践してみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは!!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました